金時草

11月1日。

今日は、ワン・ワン・ワンで犬の日ではなく、

実は古典の日。

1008年、紫式部日記にはじめて源氏物語のことが書かれたことにちなんで、古典の日。

「・・・あなかしこ、このわたりに、わかむらさきやさぶらふ・・・」

紫の野菜と言えば、「金時草」という加賀野菜。

地域によって、「ハンダマ」「水前寺菜」「式部草」等の名前が付いている。

「不老長寿の薬草」と言われているので、おひたしにして食べてみた。

とにかく栄養価が高い。

カルシウム・鉄・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンC・ムチン・アントシアニン・ギャバ等、エリート野菜。

てんぷらにすると美味しいよ、と言われたが、

てんぷらは、油がはねるので、後の掃除に手間がかかる。

心は、ただ煮るだけの料理に傾き、手抜きおひたしへ・・・。

これ、料理って言える?・・・。

 

でも、これを食べれば、悪友の「風太郎」がお帰りくださるにちがいない。

思い込みだけでも、効果がありそうだ。

食感はヌルヌル。

でも、風太郎のおかげで、味がよくわからない。

 

ちなみに、「金時草」の名前の由来を調べると、葉の裏面の色が金時芋に似た美しい赤紫色であることから「金時草」と呼ばれるようになったそうな。

 

これで元気になれば、めでたし、めでたし!